アドセンス関連コンテンツ解放条件と設定設置方法とは?解放されない場合の対処法!

アドセンス関連コンテンツ解放条件
アドセンス関連コンテンツ解放条件

アドセンス関連コンテンツが解放されない!

他の人のブログは解放されているのにどうして自分はまだなの?

関連コンテンツの設置方法が知りたい

解放条件が知りたい!

解放されるためにはどのような対処法が?

などグーグルアドセンス関連コンテンツが解放されなくて困っている方や、無事解放され設置方法が知りたい方の為の記事となります。

この記事を読んでわかる事

グーグルアドセンス関連コンテンツ解放条件
グーグルアドセンス関連コンテンツ解放されたかの確認方法
グーグルアドセンス関連コンテンツ設定方法
グーグルアドセンス関連コンテンツ ユニット設置方法と設置場所
AMPにグーグルアドセンス関連コンテンツを設定する方法
グーグルアドセンス関連コンテンツクリック率など効果
グーグルアドセンス関連コンテンツ解放されない場合の対処法

グーグルアドセンス関連コンテンツはブログの質を見るうえである程度の基準となります。

グーグルアドセンス関連コンテンツが設置されているブログは記事の内容が確かのものが多く、設置されていないブログは「うーん・・・・」。(もちろん例外も沢山ありますが)

解放されたブログはきちんと設定し収益を増していただき、解放されないブログの場合この記事をよくご覧になり、ブログの方向性を考え直す必要があるかもしれません。

スポンサーリンク

グーグルアドセンス関連コンテンツとは?

グーグルアドセンス関連コンテンツ例

関連コンテンツとは

関連コンテンツは、サイトを閲覧しているユーザーにサイト内の関連コンテンツを宣伝できる無料サービスで、ページビュー数とサイトの滞在時間を増やす効果が見込めます。

引用元:グーグルAdSenseヘルプ

グーグルアドセンス関連コンテンツは関連記事をユニットで表示させ離脱させずにそのコンテンツの滞在時間を増やす効果があるユニットになります。

しかしアドセンス関連コンテンツという名前だけあり、関連記事の中に1~3個位広告をなじませ収益化の手助けを行ってくれるコンテンツです。

このグーグルアドセンス関連コンテンツは最初から使える訳ではありません

ある条件をクリアし,グーグルに選ばれたコンテンツのみに「関連コンテンツ」使用の許可を与えるのです。

その為ブログを立ち上げたばかりでは設置不可能です。

ではグーグルアドセンス関連コンテンツ解放条件はどのようなものなのでしょうか?

グーグルアドセンス関連コンテンツ解放条件は?

グーグルアドセンス関連コンテンツ解放条件はグーグルのみが知ることで我々には知るすべはありません

関連コンテンツ ユニットは、相当量のトラフィックを獲得していて、固有のページが一定数以上あるサイトでのみ機能します。

引用元:グーグルアドセンス

うーん・・わかりません。

相当量ってどの位?

固有のページが一定以上あるサイト?

漠然としていますので、このサイトではないのですが、気が付いたら解放されていたブログがちょうどありましたので、どのような条件だったのかをお知らせします。

記事数:120記事位

ブログ開始からの期間:6か月

月間pv数:約10,000

ジャンル:トレンド

おそらくこの基準は他の方よりも遅いと思います。

一体どれだけ頑張れば解放される?

などと、困っている方のある程度の参考になれば幸いです。

グーグルアドセンス関連コンテンツ解放されたかの確認方法は?

大前提として「グーグルアドセンス関連コンテンツ解放されました!」などのアナウンスは一切ありません

ほとんどの方が、私と同じように気が付いたら解放されていた

という感じです。

ではグーグルアドセンス関連コンテンツが解放されたかの確認方法です。

管理画面→サイト

グーグルアドセンス管理画面

グーグルアドセンス管理画面→サイトクリック

管理画面→サイト→関連コンテンツ

グーグルアドセンス管理画面から関連コンテンツクリック

管理画面→サイト→関連コンテンツ

関連コンテンツのサイト設定

解放されたサイトは関連コンテンツから確認

解放されたサイトがあるとこのように一番下にサイトが追加されています。

このようにグーグルアドセンス関連コンテンツが解放されたかどうかは、手動で調べないとわからないのです。

グーグルアドセンスのホーム画面の収益は毎日チェックしているかと思いますが、毎日サイト→関連コンテンツをチェックする方は少ないと思いますので、目安としては100記事前後になったらこまめにチェックするようにすれば良いのではないでしょうか。

それではグーグルアドセンス関連コンテンツを設定してみましょう。

グーグルアドセンス関連コンテンツ設定方法

管理画面→広告

関連コンテンツ設定画面

管理画面→広告クリック

管理画面→広告→広告ユニットごと

管理画面から広告ユニットクリック

管理画面→広告→広告ユニットごとクリック

関連コンテンツクリック

関連コンテンツをクリック
対象サイトを指定

広告ユニットのカスタマイズ
広告ユニット名を設定

関連コンテンツのユニット名登録
関連コンテンツのカスタマイズ

関連コンテンツのカスタム

最初からなっていると思いますが「広告で収益化」に必ずしてください。

フォント:アドセンスデフォルトが一番見やすいです。

タイトル:タイトルの色を変えることが出来ます(各自お好きに設定)

背景:背景の色を設定できます(各自お好きに設定)

レスポンシブ

オプション設定が終わったら「保存してコードを取得」クリック

グーグルアドセンス関連コンテンツ ユニット設置方法と設置場所

グーグルアドセンス関連コンテンツ ユニット設置場所

グーグルアドセンス関連コンテンツを貼っている方のほとんどが

記事下ウィジェットまたは関連記事上ウィジェットのようです。

この辺りはお使いのテーマやその他のウィジェットとの関係で決めるの良いと思います。

このブログの記事下ウィジェットにはアドセンス+カルーセルスライダーを設置していますので、ここに関連コンテンツを貼ってしまうとうるさくなってしまうので、関連記事上ウィジェットに設置します。

Luxeritas(ルクセリタス)の場合の設置方法

Luxeritas(ルクセリタス)の場合ウィジェットに

#1アドセンス(Luxeritasオリジナル)

がありますのでそこにコードを貼り付けるだけなので便利で楽ちんです。

関連コンテンツコードをコピー

コードをコピー

HTML→コードをコピー→完了

ダッシュボード→ウィジェット

外観→ウィジェット

ダッシュボード→外観→ウィジェット

アドセンス用ウィジェットを関連記事ウィジェットに

ウィジェットを追加

#1アドセンス(Luxeritasオリジナル)→関連記事上ウィジェット→ウィジェットを追加

コードを貼り付け

内容にコピーしたコードを貼る

タイトルは後で設定するので何も入れなくてOK

内容に先ほどコピーしたコードを貼り付け

指定しない

中央揃えにチェックしない

false

スポンサーリンク

ラベル中央寄せ

私の場合チェックしていません

表示したくないページにチェック

全て設定が終わったら「保存」

設置完了

関連記事上に設置された画面

関連記事上のスペースにグーグルアドセンス関連コンテンツを設置することができました。

AMPにグーグルアドセンス関連コンテンツを設定する方法

ステップ1スクリプトをコピー

ampスクリプトコピー

先ほどはHTMLでしたが、AMPクリックしコードをコピーします。

これをheadに貼り付けます。

ステップ1スクリプトをHeadに貼り付け

スクリプトをHeadタグに貼り付け

ダッシュボード→Luxeritas→子テーマの編集→Headタグ→先ほどのコード貼り付け

ステップ2ampコードコピー

AMPコードをコピー
amp用ウィジェットに貼る

関連記事ウィジェットに追加

グーグルアドセンス関連コンテンツクリック率など効果はある?

関連コンテンツの効果・メリット

  • PV(ページビュー)の増加
  • 滞在時間の増加(直帰率の改善)

そのブログに関連する記事の集合体が関連コンテンツなので直帰率が改善されることで滞在時間が増加するのは程度の差はありますが、間違いありません。

その結果PVも増えるという事です。

クリック率はそのブログのジャンルや設置場所に大きく左右されるので、

「クリック率が倍になりました!」

とは中々いかないと思います。

実際私の場合でも関連コンテンツを設置しての感想としては

微増!で微妙!

という感想でしたが、色々テストした結果、関連記事上ウィジェットではなく、記事下ウィジェットの方がクリック率が高く効果が高いようです。

グーグルアドセンス関連コンテンツ解放されない場合の対処法

グーグルアドセンス関連コンテンツ解放されない・・・どうして?

これは本当に謎です。

私も過去沢山のサイトを立ち上げています。

その中で過去一番稼いだサイトなのにグーグルアドセンス関連コンテンツがいまだに解放されていません。(稼働していますが現在無更新)

稼いだのですから当然アクセスもありました。

記事数も200超え

過去には検索1位も沢山(現在は引きずり落されています)

ジャンルは特化型

それでもグーグルアドセンス関連コンテンツが解放されていないのです。

自分的には解放されたサイトよりよっぽど力を入れており、「一体いつになったら関連コンテンツ解放されるのだろうか?」

とずっと思いつつも結局現在も解放されず、その役目を終えてしまいました。

では解放されなかったこのサイトと解放されたサイトとの違いを挙げ原因を推察してみます。

記事更新頻度

解放されたサイトは割と毎日更新していたため、100記事に達するまで早かったのですが、解放されなかったサイトは特化型の為、100記事に達するまで非常に時間がかかりました。

記事更新頻度が随分違っていました。

よく「毎日記事更新しましょう」と言われていますが、その通りなのかもしれません。

記事更新頻度が解放に関わっているかもしれないので出来るだけマメに更新しましょう。

外部リンク

解放されたサイトは

1番目が雑記ブログ

2番目は特化型

3番目はトレンド

とバラバラです。

自分的には2番目の特化型よりよっぽど解放されなかったサイトの方がよっぽど濃い内容だと思っています。

何故2番目が解放されてこのサイトが解放されない?と考えた所、違いがあるとしたら解放されなかったサイトは外部リンクが多かったような気がします。

不必要な外部リンクは極力避けたほうが良く、内部リンクを充実させましょう。

アドセンス関連コンテンツ解放条件と設定設置方法とは?解放されない場合の対処法!まとめ

アドセンス関連コンテンツ解放条件は色々な方々が解説していますが、調べれば調べるほどわからなくなります。

そもそもグーグルにしかわからないので私を含めてあくまで推測でしかありません。

只、関連記事コンテンツだけをどうして開放条件を設けているかを考えてみてください。

何かしらの基準を設けているという事は、それだけ効果がある広告ユニットだから、誰でも自由に使用されては困るという事なのではないでしょうか。

そもそもアドセンスは最初に厳しい審査があります。審査に通ったブログだけがアドセンスコードを手に入れることが出来ます。

そしてアドセンス関連コンテンツは更に選ばれしブログにしか解放されないのです。

つまりアドセンス関連コンテンツが解放されたブログはグーグルの意向に沿ったブログ作りを行っているという事であり、解放されないブログは何処なのか何が原因なのかわかりませんが意向に沿わない部分が必ずあるはずです。

Google が掲げる 10 の事実というものをご存じでしょうか?

Google が掲げる 10 の事実

  1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
  2. 1 つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
  3. 遅いより速いほうがいい。
  4. ウェブ上の民主主義は機能する。
  5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
  6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる。
  7. 世の中にはまだまだ情報があふれている。
  8. 情報のニーズはすべての国境を越える。
  9. スーツがなくても真剣に仕事はできる。
  10. 「すばらしい」では足りない。

引用元:Google が掲げる 10 の事実

全て大切なことなのですが、中でも1のユーザーファーストの姿勢が大事なのかもしれません。

ユーザーファーストでコンテンツを作り上げれば、他のものはみな後からついてくる

つまりアドセンス関連記事も解放されるかもしれません。

いえ、アドセンス関連記事解放にはユーザーファーストは絶対条件だと思います。

解放されていないあなたのブログ記事はユーザーファーストですか?

自己満足な記事になっていませんか?

胸に手を当て考えてみてください。

是非Google が掲げる 10 の事実を常に心掛け、充実したコンテンツ作りを目指してください。

その延長上に、他のものはみな後からついてくるはずです。

最後までご覧いただきありがとうございます。

スポンサーリンク