【ワードプレス】子テーマって何故必要なの?親テーマとの関係性は?

親テーマと子テーマ
ワードプレステーマ親テーマと子テーマとは?その関係性は?

親テーマ・子テーマって意味わからない!

子テーマって絶対必要なの?

何故必要なのかわかりやすく説明してほしい

親テーマとの関係性は?

ワードプレス初心者さんはここの部分戸惑うようです。

ワードプレステーマをインストールするのに親テーマと子テーマが何故必要なのか、

そして親テーマと子テーマとの関係性を初心者さんにわかりやすいよう図解で説明します。

最後までご覧いただき腑に落としてくださいね。

スポンサーリンク

【結論】子テーマがないと定期的にアップデートになる親テーマを都度変更する必要があるため

ワードプレステーマはどれも定期的にアップデートが行われています。

これはテーマの不具合解消や新たな開発であったりワードプレスアップデートに合わせる必要がある修正などを行うためです。

子テーマは親テーマとは別個のファイルになりますので親テーマがアップデートしてもカスタム内容はそのまま残るので子テーマは必要というわけです。

子テーマと親テーマの関係性

親テーマ

親テーマデフォルト状態はシンプル

ルクセリタスやCocoonなどの無料テーマではデフォルト状態だとシンプルなデザインがほとんどです。

親テーマ直接カスタマイズ

親テーマ直接カスタマイズすることは出来る

推奨されていませんが親テーマを直接カスタマイズするとカスタム内容が反映されます。

親テーマアップデートすると元通り

親テーマにカスタマイズした場合アップデートで真っ新

しかし親テーマをアップデートするとカスタム内容が全て消されカスタム前の状態に戻ってしまいます。

アップデートするとstyle.cssが真っ新になってしまうからです。

これは切ないですね。

ルクセリタスでは2020年数えてみたら22回アップデートが行われています。

その回数分カスタム内容をいちいち親テーマに貼り付けるのは面倒です。

又カスタムだけでなく、アナリティクスや自動広告などの認証コードやタグなどを、子テーマのheadやbodyなどに貼り付けてあるはずです。

しかしもしそれを間違えて親テーマに貼り付けたとすると、アップデートでそれらが無効になってしまいますので、初心者さんはパニックを起こします。

初心者さんはそれらの認証コードやタグを何処に貼ったかなんて覚えていないのが普通だからです。

そこで役立つのが子テーマというわけです。

ルクセリタスの公式ページのテーマダウンロード&インストール画面には

本体(親テーマ)と

子テーマがあります。

ルクセリタス公式には親テーマと子テーマのダウンロードある

ルクセリタスをテーマに選んだ方は必ず親テーマと子テーマの両方をインストールしているはずです。

子テーマの使用を推奨。

本体だけでも動作しますが、子テーマ使用を前提とした設計のため、できれば、子テーマも一緒にダウンロードしてください。

引用元:ルクセリタス公式

親テーマと子テーマの関係性を女優さんで説明してみましょう。

女優Aさんは美人女優さんとして長年ドラマで活躍していました。

しかし結婚を機にドラマから離れていましたが、子育てもひと段落し最近トーク番組に復活。

しかし加齢というアップデートを積み重ねてきた女優Aさんを観た視聴者からは

劣化!!

昔の面影無!!

など散々な言われよう。

そこで女優AさんはカリスマメイクBさんを専属メイクに迎えドラマに出演。

女優A(親テーマ)には加齢というアップデートがあってもカリスマメイクB(子テーマ)の超人的技術のおかげで劣化とか言われなくなったそうな。

メデタシメデタシ!

例えが変ですいません😅

子テーマをカスタムすると反映される

子テーマカスタマイズすると当然反映され

親テーマではなく子テーマをカスタムするとカスタム内容が当然反映されます。

親テーマをアップデートしてもカスタム内容はキープ

もし親テーマアップデートしたとしてもカスタム内容はキープされている

親テーマをアップデートしても子テーマでカスタムした内容はそのままキープされます。

これは子テーマを優先させて表示させるためです。

見出しカスタムなどでstyle.cssを子テーマに追加し見出しデザインを変えたとします。

その後親テーマをアップデートした場合でも、当然子テーマに追加したstyle.cssを読み込んでカスタム内容を表示します。

style.cssは先に親テーマを読み込んでから子テーマのstyle.cssを読み込むので、子テーマの内容を優先させて表示します。

ルクセリタステーマのように年22回アップデートがあってもカスタム内容を子テーマに追加しておけば親テーマをアップデートしても何も問題ないという事です。

これが親テーマと子テーマとの関係であり、ワードプレス運用の際は必ず必要になります。

昔のテーマには子テーマなんてものはありませんでしたので、自分で子テーマを作って運用していたのです。

それに比べたら、現在の有名テーマをはとんど子テーマが用意されているので初心者の方に優しくなっています。

子テーマ自体もアップデートする場合もあります。

では子テーマはアップデートしないかと言えば、します。

ルクセリタスの場合過去子テーマは3.0.0→3.0.1→3.0.2とアップデートしていますが、テーマ作者のるなさんによると

子テーマのアップデートは通常、必要ないとの事

内容はデザインファイルの件なので子テーマのアップデートは特に必要ないとの事です。

【ワードプレス】子テーマって何故必要なの?親テーマとの関係性は?まとめ

いかがでしたでしょうか。

ワードプレステーマの親テーマと子テーマの関係性と何故必要なのかがわかりましたね。

  • ワードプレスどのテーマにもアップデートは付き物
  • もし子テーマが無かったらstyle.cssなどカスタムしたものが真っ新に
  • 子テーマに追加したカスタムは親テーマをアップデートしたとしてもキープされている

最後までご覧いただきありがとうございます。

スポンサーリンク